シンポジウム写真
2015年8月1日 京(みやこ)サイバー犯罪対策シンポジウムのパネラー出演

竹内義博です

竹内義博写真

1963年京都市の生まれ。大学卒業後、Webエンジニア等を経て、2007年に一般財団法人インターネット協会 インターネット利用アドバイザー、2010年からパソコン教室「ぱそこんる~む123」代表。娘(現大学生)のネット問題の経験から関心を持ち、一般社団法人 ソーシャルメディア研究会にて情報モラル教育について研究しております。近年は、eネットキャラバン認定講師(総務省等)、京都府警察ネット安心アドバイザー等として、スマートフォンやネットでのトラブル、ネット依存等について、教員、保護者や児童生徒を対象に啓発講演活動を行っております。
2016年に京都府警察サイバー犯罪対策課から青少年のネット問題への取組が評価され、表彰されました。
(講演実績:2015年度52回 延べ9187人,2016年度55回 延べ5889人)

私の思い

スマートフォンやインターネットに接続可能な携帯端末(ゲーム機、音楽プレイヤーなど)の急速な普及にともない、LINE、Twitter、FacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)絡みのトラブル、いじめ、ネット依存の低年齢化が深刻になっております。

しかし、スマホやネットは、今や実質日常生活の必需品なり、今後は子ども達がスマホ持たない選択肢は無くなりつつあり、この先ネットやデジタルデバイスが無くなることは考えられないのが現状です。

対策として、一方的に使用を全面禁止にしたり、ルールを押しつけたりするのではなく、スマホやネットの現状を知り、子ども達主導でルールを作り、賢く使って正しく怖がる方法を子どもたちと一緒に考えていくことが大切だと思います。

また、子どもたちが困った時や、危険な目に遭う前に相談出来る大人でありたいと思います。

ネットやスマホで起きているトラブルの根幹は、ネットやスマホではなく、「親子のかかわり」と「心の問題」だと私は考えます。

そこで、ネットトラブルを中心にした数々の事例を元に、子どもたちと一緒に家庭、学校、地域においての具体的な対策、ルール作りについて考え、100年先でも通用する情報モラルについてお話させて頂きたいと思います。

画像の説明画像の説明20160520ワークショップ01
保護者向け講座高校生向け講座中高生向けワークショップ